Digital Gelatin Silver Monochrome Print
(DGSM Print)

デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリント

(デジタルデータからの銀塩モノクロームプリント)

発案・開発者:写真家 永嶋勝美
Inventor and developer: Katsumi Nagashima


銀塩とデジタルの融合

21世紀に入りデジタルカメラが普及して誰でも簡単に高品位な写真が撮れる様になりました。
その撮影したデジタルデータからインクジェットプリンターを使用して原寸のデジタルネガを制作して、銀塩モノクロ印画紙にプリントする事により、銀塩ならではの滑らかな階調、ハイエストライトからシャドー部の微妙な調子再現が可能になり、恰もフィルムで撮ってモノクロ印画紙で仕上げた写真の様に暖かみのある軟らかな作品に仕上り、デジタル画像から作り出したとは思えないくらい、銀塩印画 紙ならではの軟らかな階調で奥行きのある味わい深いプリントが出来上がります。
21世紀の今だからこそ出来る銀塩とデジタルの融合したハイブリッド写真です。

ワークフローの内容

「デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリント」は、デジタルカメラで撮影した画像データから、写真家永嶋勝美がDGSM Print専用に開発したICCプロファイルを使用して(株)ピクトリコ社製のインクジェットプリンター用デジタルネガフィルムを使用してデジタルネガを制作します、そのデジタルネガから銀塩モノクロ印画紙に密着焼き付けをして、現像・停止・定着・水洗をして作品として完成です。
オリジナルデジタル画像 プリンターで制作したデジタルネカ 銀塩モノクロ印画紙にプリント
デジタルカメラで撮影したカラーのデジタルデータからモノクロ印画紙へのプリント

デジタルカメラで撮影したカラーデータもしくはカラーポジフィルム&カラーネガフィルムより製版用スキャナなどで高品位にスキャニングされたデータであればどれでも可能です。

DGSM Print 専用 ICC プロファイルに対応しているフィルム&プリンター

DGSM Print 専用ICCプロファイルのダウンロード
(Download DGSM Print Dedicated ICC Profile.)

 

 

 The Katsumi Nagashima Photographic Workshops
 
写真家永嶋勝美のフォト・ワークショップ


「デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリント」ワークショップ

Vol.1 〜 Vol.2:銀塩RC印画紙を使用してのDGSM Print 基礎編(先ずはVol.1から)
1. DGSM Print を理解する、基準になるネガからのプリント。
2. 自分の好みに合ったプリントを作る為の、Photoshop によるデジタルデータの画像処理とネガ出力、焼付と印画紙の調子を変えてのプリント作り。

Vol.3 〜 Vol.4:銀塩バライタ印画紙でのプリントと仕上げ(Vol.1〜Vol.2受講済の方)
バライタ印画紙に合ったネガ作りと暗室でのプリント。

「デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリント」ワークショップ
Workshop HP
主催: KN-PHOTO
会場: ギャラリー E&M 西麻布
住所: 〒106-0031東京都港区西麻布4-17-10
電話: 03-3407-5075
mail: info@takeuchi-studio.jp
協力: 株式会社ピクトリコ
富士フィルム株式会社
エプソン販売株式会社
ワークショップ問合せ:ギャラリー E&M
電話:03-3407-5075
メール:info@takeuchi-studio.jp(担当:竹内)

Copyright © 1995-2013 KN-PHOTO. All rights reserved.